Powered by Six Apart
フォトアルバム

最近のコメント

最近のトラックバック

« 万葉の心を感じてみませんか?Part.5 | メイン | 万葉の心を感じてみませんか?Part.7 »

2012年3月27日 (火)

万葉の心を感じてみませんか?Part.6

万葉の心を感じてみませんか

歴史と文化の街太宰府から

 太宰府歴史スポーツ公園編 その6

 福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳が提供する、近郊情報第6号です。

 今朝は、すごく冷え込みました。天気は快晴です。放射冷却現象です。

昨日紹介した休息所をさらに回ると、太鼓橋があります。その橋を右に見て正面の茂み(橋の左側、ネムノキの左側)が、カワセミが時々見られるスポットです。橋は急で滑りやすいので気をつけて下さい。橋を渡ると展望広場の下になります。展望広場からは、宝満山、今日の歌に出てくる四王寺山はもとより西側には背振山系が見えます。低い丘ですが、思いのほか見晴らしは良いです。
 今日紹介する歌碑は、展望広場に上がる石段の右側にあります。

それでは、万葉の散歩道をお楽しみ下さい。Photo

Photo_2

橘の 花散る里の ほととぎす 
 
 方恋しつつ 鳴く日ぞ多き
  
               作者 大宰師 大伴旅人

たちばなの はなちるさとの ほととぎす
 
 かたこいしつつ なくひぞおおき 

               作者 だざいのそち おおとものたびと

横の解説板です。

Photo_3

 神亀(じんき)五年、旅人(たびと)は最愛の妻大伴(おおともの)郎女(いらつめ)を亡した。
朝廷は式部(しきぶの)大輔(たいう)石上(いそのかみ)堅魚(かつお)を弔問に遣わ(つかわ)した。その時、堅魚(かつお)は旅人(たびと)たちと四王寺山に登り、ほととぎすの歌を詠(よ)んだ。これに和(こた)えて ほととぎすに思いを託(たく)して詠(よ)んだのがこの歌である。
  橘(たちばな)の花が散る里のほととぎすは、散ってしまう花を惜(お)しんで、片恋(かたおもい)いをしながら鳴く日が多いことだという意。

 妻は熊本生まれで、長寿の家系です。また、私は、酒も飲むしタバコも吸うしと体にわるいことばっかりやってます。ですから妻と話すときは、当然妻の方が長生きするものと決めてかかって話しています。今日もテレビで60歳以上の人の結婚が増えているというニュースがありました。そこで、妻にもし自分が先に逝ってしまったら、再婚してもいいよと言いました。そしたら、長生きして下さいと言われました。ちょっと安心しました。もし、妻の方が先に逝ってしまったら私は料理もできないの生きていけないのではないかと思っています。

 今日の日記

 事務所のホームページを立ち上げるにあたって、入門書ですが4冊は本を読みながら作成しました。しかし、現在の事務所のホームページはまだまだ稚拙で内容も充実していません。
  そこで時間的に余裕があるときに、ホームページのリニューアルに向けてXHTMLとCSSの研究をしています。今回も、さらに数冊の本を読んでいます。最初はなかなか理解できませんでしたが、この頃やっと少し意味がわかってきました。また、天気も良かったので、リニューアル版に掲載する写真も撮影しました。

 下の写真です。私の自宅事務所も、子どもが保育園を卒園するときに頂いたあんず、妻の実家からもらった肥後椿、水仙とちょうど見頃を迎えています。

 リニューアルの大まかな計画案と、XHTML・CSSのある程度の研究もできたので、そろそろ作業に取りかかろうと思っています。

Photo_4

太宰府歴史スポーツ公園のリンクです。

グラウンドやテニスコートの利用について説明してあります。太宰府市役所のページです。

http://www.city.dazaifu.lg.jp/shougaigakushu-su/sinaisisetsuannai/rekispo.html

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 今後も少しずつ紹介してまいります。よろしくお願いいたします。
-----------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 092-923-0968   FAX 092-980-7326

当事務所のホームページです。
URL http://www.matsuojimusyo.com/
-----------------------------------------------

土地家屋調査士は、表示登記・境界・測量の専門職です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/563867/28652579

万葉の心を感じてみませんか?Part.6を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。