Powered by Six Apart
フォトアルバム

最近のコメント

最近のトラックバック

« 万葉の心を感じてみませんか?Part.4 | メイン | 万葉の心を感じてみませんか?Part.6 »

2012年3月26日 (月)

万葉の心を感じてみませんか?Part.5

万葉の心を感じてみませんか?

 歴史と文化の街太宰府から

 太宰府歴史スポーツ公園編 その5

 福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳が提供する、近郊情報第5号です。

  ここ数日は気温は低いですが、晴れの天気に恵まれています。本格的な春訪れが足踏みして、前に進んでくれません。でも春になったら、下の写真のような風景が迎えてくれます。グラウンドを過ぎ、大池の土手から撮影した昨年の写真です。
   この右手に22日紹介した、筑紫なる にほう子 ゆえに ~の歌碑があります。
  右手の林がカワセミがよく見られるスポットです。カワセミは、暖かくなってから来るようで、今の時期は注意深く見てますがいないようです。カワセミは池の水面上を低く飛びます。コバルトブルーの翼がきれいです。枝に止まっている時の、オレンジ色の胸もきれいです。
   カワセミ見たい方は、池を注意深くよく見ていて下さい。飛行時間は、たった数秒です。このチャンスを逃すと、どこにいるかわかりません。

Photo

今日紹介する歌碑は、大池をさらに回って反対側にある休息所の横にあります。Photo_2

それでは、万葉の散歩道をお楽しみ下さい。

  

Photo_3

湯原に 鳴くあし鶴は 吾がごとく
 
 妹に恋ふれか 時わかず鳴く 

               作者 大宰師 大伴旅人

ゆのはるに なくあしだづは あがごとく

 いもにこふれか ときわかずなく  

               作者 だざいのそち おおとものたびと

横の解説板です。

Photo_4

 最愛の妻大伴(おおともの)郎女(いらつめ)を亡くした旅人(たびと)は、天平元年ごろ足に瘡(かさ)ができ、次田温泉(すまたのいでゆ){二日市温泉}に湯治(とうじ)に来ていた。
  その時湯原(ゆのはる)で絶え間なく鳴いている鶴の声を聞いてこの歌を詠んだ。

  湯原(ゆのはる)で鳴く葦辺(あしべ)の鶴は私のように妻を恋うているのか、いつも鳴いてるよという意。九死に一生を得たものの、自ら死境をさまよった作者の特別な感慨(おもい)がある。

 筑紫野市に次田(つぎた)という地名がありました。
現在は湯町~丁目という住居表示になっています。ちょうど二日市温泉のところです。当時は、次田をすまたと呼んでいたのすね。しかし、そんな所で鶴が見られたというのは驚きです。ということは、私の住む青葉台あたりでも見られたことでしょう。
 

 今日の日記

 昨日は、青葉台公民館で囲碁大会でした。
毎週、水曜日と日曜日に囲碁愛好家が集まって囲碁を楽しんでいます。私も、昨年10月加入し、日曜日に行ってます。新たに知り合いができて、少し交流範囲が広がりました。地元の情報を知ることもあります。最高齢は88歳の米寿の方です。昨日も元気に打ってありました。
 さて肝心の試合ですが、結構自分なりに打てました。大きいところ、急ぐところを判断しながら一手一手を考えながら打ちました。4人の予選リーグを勝ち上がりました。3人の決勝リーグでは、1勝1敗の三つどもえになりジャンケンで決めました。残念ながら、ジャンケンには勝てませんでした。
 1戦1戦で集中して戦いましたので、最後はクタクタになり、自分の石を取るようなへまをやってしまいました。体力面?の課題は残しましたが、しっかり囲碁を打て充実した一日でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

太宰府歴史スポーツ公園のリンクです。

グラウンドやテニスコートの利用について説明してあります。太宰府市役所のページです。

http://www.city.dazaifu.lg.jp/shougaigakushu-su/sinaisisetsuannai/rekispo.html

 今後も少しずつ紹介してまいります。よろしくお願いいたします。
-----------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 092-923-0968   FAX 092-980-7326

当事務所のホームページです。
URL http://www.matsuojimusyo.com/
-----------------------------------------------

土地家屋調査士は、表示登記・境界・測量の専門職です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/563867/28404679

万葉の心を感じてみませんか?Part.5を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。