« 万葉の心を感じてみませんか?Part.20 | メイン | 万葉の心を感じてみませんか?Part.22 »

2012年6月 9日 (土)

万葉の心を感じてみませんか?Part.21

万葉の心を感じてみませんか?

歴史と文化の街太宰府から

 太宰府歴史スポーツ公園編 その15

 福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳が提供する、近郊情報第21号です。

 
 今回は、陶板広場の第5回目です。

それでは、今日の陶板の写真です。

Photo

陶板の解説です。

 太宰府市の北西、四王寺山(しおうじ山)のふもとにある。
奈良時代、聖武(しょうむ)天皇は全国に国分寺(こくぶんじ)・国分尼寺(こくぶにじ)を建て、その中心として東大寺を建てて大仏をつくり、仏に守られた国をつくろうとした。
 筑前国分寺もその一つで、現在は塔跡(とうあと)の見事な礎石(そせき)と、講堂(こうどう)跡、そして金堂(こんどう)跡にあるお堂の中の平安時代末の伝薬師如来・重要文化財に昔をしのぶことができる。
 国分尼寺はここから西300mの所といわれる。

Photo_2

 公園を彩ってくれている、花の写真です。
ため池の水面に写る五月が5月の青い空に映えてきれいです。

Ikesatuki

 太宰府市に国分という地名があります。そこの国分小学校には、子供がやっていたサッカーの試合で何回も行きました。
 国分寺跡の礎石は見たことがありますが、その当時は若くあまり興味もありませんでした。仏教に何らかの関心を寄せるようになったのは、父が死んでからです。葬儀や七日参りの度にお経を唱え、少し覚えました。小学生の頃、チャンバラごっこや鬼ごっこをして遊んだお寺のお坊様に来ていただきました。浄土真宗本願寺派と知ったのは、その頃です。それまでは、実家のそばのお寺が家の寺と思っていました。
 宗派は違いますが、東大寺にも参拝したことがあります。大仏殿と大仏様を見て、その大きさに感激しました。聖武天皇が仏に守られた国をつくろうとした思いを込められた国分寺が、ここに存在したのです。
 ところで、私が仏教徒かと問われるとちょっと困ります。神仏混淆(こんこう)の良い例です。太宰府天満宮や、正月には商売繁盛の十日恵比寿神社、山笠の櫛田神社にも参拝します。根本が定まっていない私です。

 今日の一言

 昨日は、二日市の弁護士事務所が主催されている士業勉強会がありました。
弁護士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・公認会計士・税理士・土地家屋調査士・不動産鑑定士などの士業方が集まって、それぞれテーマを決めてレポートし意見を交わします。
 今回は、土地家屋調査士のYさんが境界問題・筆界特定についてレポートされました。私も土地家屋調査士ですから知ってはいるのですが、勉強になりました。
 
 

 

太宰府歴史スポーツ公園のリンクです。

グラウンドやテニスコートの利用について説明してあります。太宰府市役所のページです。

http://www.city.dazaifu.lg.jp/shougaigakushu-su/sinaisisetsuannai/rekispo.html

毎週土曜日に発行する予定でいます。
来週土曜日も、是非ご覧になって下さい。

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしかったら、ブログ村のボタンをクリックして下さい

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
ブログのアーカイブですが、最初の頃の分が表示されません。
私の公式サイトの更新情報に、Part1から最新版までリンクを張っています。 

-------------------------------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 092-923-0968   FAX 092-980-7326

福岡の土地家屋調査士松尾事務所の公式サイトです。
URL http://www.matsuojimusyo.com/

-------------------------------------------------------------------
土地家屋調査士は、表示登記・境界・測量の専門職です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/563867/29213057

万葉の心を感じてみませんか?Part.21を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。