« 万葉の心を感じてみませんか?Part.37 | メイン | 唐津に来てみんしゃらんですか? その1 »

2012年11月 3日 (土)

万葉の心を感じてみませんか?Part.38

万葉の心を感じてみませんか?

歴史と文化の街太宰府から

 古都の光編 その6 (ancient city-light  Dazaifu,fukuoka,Japan)

 福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳が提供する、近郊情報第42号です。 
 
 9月25日、太宰府天満宮で「千灯明」(thousand candle light)がありました。
今回は、「千灯明」前後の様子を中心にお伝えします。「古都の光編」の最終回です。
 当日は6時に点灯式があり、参道から境内や国立博物館まで灯明が灯されました。まず、夕方の太宰府天満宮の参道です。祭りの前の静けさを、感じました。

画像はクリックすると大きく見ることができます。(click! picture)

056

 境内の中に入りました。「千灯明」を迎える準備が進んでいます。神官さんや巫女さん達も忙しそうに、神事のために働いておられました。

059

 天満宮にある資料館を国博側に少し進んだ所の建物には、大がかりな灯明が飾ってありました。「ねぶた」のような感じです。

061

 下は、太宰府の国立博物館前です。こちらにも様々な灯明が、飾ってありました。

063

 いよいよ「千灯明」です。1時間以上待ちました。まずは、神楽「浦安の舞い」が奉納されます。

Urayasu6

 続いて、二つ目の神楽「悠久の舞い」が奉納されます。神職が奏でる雅楽が不思議の国へ誘います。

Yuukyu6

 「千灯明」が終わりました。感動を胸に残しながら家路につきます。
まだロウソクも、かなり残っています。

137

 「千灯明」が終わりしばらくたってから、吉田拓郎の「祭りの後の悲しさは~」というフレーズが浮かんできました。名残惜しい印象でした。「古都の光編」は、今回で終ります。

 まだ紹介しきれなかった、たくさんの灯明があります。少しずつ、紹介していきたいと思います。

 今日の一言

 この頃、急に寒くなって来ました。紅葉の便りもあちこちから聞こえてきます。バイクで出かけたいのですが、最近腰を痛めているのでちょっと無理かなとあきらめています。家では、綿入れ半纏が離せません。そろそろ、ストーブの用意をしなければいけないようです。
 今日は、囲碁大会です。福岡県教職員互助会と退職教職員協議会の共催で、行われます。私は、退職教職員協議会のほうで参加します。このところ囲碁を打ってないですが、楽しんで来ようと思います。

 スマホ専用サイトを、さらに見やすく改良しました。また、公式サイトも見やすく改良しました。どうぞ、ご覧下さい。

毎週土曜日に発行する予定でいます。
来週土曜日も、是非ご覧になって下さい。

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしかったら、ブログ村のボタンをクリックして下さい
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログのアーカイブですが、最初の頃の分が表示されません。
私の公式サイトの更新情報に、Part1から最新版までリンクを張っています。 

------------------------------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 092-923-0968   FAX 092-980-7326

福岡の土地家屋調査士松尾事務所の公式サイトです。
URL http://www.matsuojimusyo.com/

-------------------------------------------------------------------
土地家屋調査士は、表示登記・境界・測量の専門職です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/563867/30184321

万葉の心を感じてみませんか?Part.38を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。