« 万葉の心を感じてみませんか?Part.53 | メイン | 万葉の心を感じてみませんか?Part.55 »

2013年5月11日 (土)

万葉の心を感じてみませんか?Part.54

万葉の心を感じてみませんか?

歴史と文化の街太宰府から

大野城跡編 その5

 
福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳が提供する、近郊情報第64号です。

 「史跡大野城跡」(四王寺跡)の紹介、第5号です。
 今日は、西に少し進みまして、大石垣と坂本口城門を紹介します。土塁を進むと、大宰府政庁跡が見下ろせる場所がありました。大宰府政庁跡の写真です。霞がかかっていて(黄砂)少しぼんやりしていますが、輪郭はおわかりになると思います。

Seityouato_2

 下は今日の主役、大石垣の写真です。 

Ooisigaki1_2

 この大石垣は平成15年の集中豪雨で大きな被害をうけました。翌年から、復旧工事がおこなわれましたが、大部分が流出していたので困難をきわめたそうです。
 版築工法など古代の技術を用いながら復元されました。切り出した石は大野城を流れる川から採取したものでした。築造当時の石垣の表情を出すことが難しかったそうです。相当な規模の石垣です。

Ooisigaki2_2

下は、解説板の写真です。

Ooisigakikaisetu_2

 次は、坂本口城門跡の礎石です。門の柱が建てられた穴があけられています。ちょうど、下から登って来られた人に聞きやっとわかりました。看板もなく、これは見過ごしてしまうところでした。道も狭いところです。小さな門だったようです。

Sakamotogutimonso_2

 下が、アバウトな地図です。これ1枚持ち、登山客の方にいろいろ教えていただきながら周りました。登山をする人は親切です。

Irastmap_2

 平成15年7月の集中豪雨は、激甚災害に指定されました。寝ていたら、スゴイ雨で、雷がずーっと鳴り響いていました。今まで体験したことのないような雨でした。恐怖を感じました。近くのJR下のトンネルでは、水没して亡くなった方もおられました。
 朝からは中体連の大会で、これは中止になるかもしれないと思ったほどでした。

(参考:太宰府紀行、大野城跡、四王寺山のビューポイント、看板説明)

今日の一言

 5月6日、ブログの取材で2回目となる大野城跡(四王寺山)に行きました。
2回目で、四王寺山をやっと踏破しました。今回は、前とは反対向きのコースで回りました。
 前回同様、アバウトな地図とアバウトな案内板で、道に迷い登ったり下ったり戻ったりと疲れました。反対側から周り、つながっている道がやっとわかりました。1周できたので、達成感を感じました。大原山、小石垣、北石垣、主城原礎石群、鮎返りの滝を見ました。
 途中、4回も蛇を見ました。寒くなって蛇が出なくなるまで、山には来れないなと思いました。少し過敏になったようで、先日新聞記事にあったヘビメタという活字にも反応しました。ヘビは怖いです。

 これからも、不定期ですが発行します。ぜひご覧になって下さい。

太宰府検定公式サイトは、

 太宰府検定 で検索したらすぐに表示されます。 

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしかったら、ブログ村のボタンをクリックして下さい
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログのアーカイブですが、最初の頃の分は左上からどうぞ。
私の公式サイトの更新情報には、Part1から最新版までリンクを張っています。 

------------------------------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 092-923-0968   FAX 092-980-7326

福岡の土地家屋調査士松尾事務所の公式サイトです。
URL http://www.matsuojimusyo.com/

-------------------------------------------------------------------
土地家屋調査士は、表示登記・境界・測量の専門職です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/563867/31512285

万葉の心を感じてみませんか?Part.54を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。