« 万葉の心を感じてみませんか?Part.56 | メイン | 万葉の心を感じてみませんか?Part.58 »

2013年6月 2日 (日)

万葉の心を感じてみませんか?Part.57

万葉の心を感じてみませんか?

歴史と文化の街太宰府から

大野城跡編 その8

 
福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳が提供する、近郊情報第67号です。

 「史跡大野城跡」(四王寺跡)の紹介、第8号です。
 今日は、さらに北に少し進みまして、最北部にある百間石垣を紹介します。途中に野外音楽堂があり、仲間内で大音響を出し音楽を楽しんでおられました。山中で、大音響でも周りに迷惑をかけないような場所にあります。
 下の写真は、百間石垣の始まった部分を少し上から撮影しました。

Hykkenn1 

 百間石垣はその名の通り、100間(100×1.8m)の長さ、現存部は約150mの長さの石垣です。
石垣の下に、下りてみました。
 

Sitakara

 ここも、版築工法などで土の部分を固めてあります。
さらに進んでみました。長いです。

Hyakken_2

 豪雨で一部が壊れ、平成13年に修復工事がなされました。

Kaisetu1

 横から見てみると、結構急峻な坂になっているのがわかると思います。
ここを、敵が攻めてきても、攻めにくそうです。

Yokokara

 さらに下から、見上げてみました。ここを攻め上がるのは、息が切れそうです。観音像がありそうですが、きつそうなので行きません。

Hyakken4 

今は埋まっていますが、まだ石垣が続いているそうです。

Kaisetu2

 石垣の下にあった、可憐な紫の花です。

Hana
 
 この百間石垣から次の北石垣を目指しましたが、アバウトな地図ではルートがわかりませんでした。またまた、登ったり下ったりで疲れました。見覚えのある道から戻ることにしました。

(参考:太宰府紀行、大野城跡、四王寺山のビューポイント、看板説明)

今日の一言

 メガソーラー建設予定地の図面づくりの研究をしています。
なにしろ広大な草原です。入会地のような共有の管理がされています。最初の段階では、大まかに面積がわかればよいので、地図上で面積を求めることになりました。それを元に、地元で受け入れるかどうか検討されます。
 ちょうどGISの勉強を始めていたので、それを使って面積を求めるくらいで良いようです。重ね図作成など、タイムリーな勉強会でした。ディファレンシャルGPSを使って、太宰府歴史スポーツ公園で検証もしました。大体、これでいけそうです。

 これからも、ぜひご覧になって下さい。

太宰府検定公式サイトは、

 太宰府検定 で検索したらすぐに表示されます。 

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしかったら、ブログ村のボタンをクリックして下さい
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログのアーカイブですが、最初の頃の分は左上からどうぞ。
カレンダーのところでも、見ることができます。
公式サイトの更新情報には、NO.1から最新版までリンクを張っています。 

------------------------------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 092-923-0968   FAX 092-980-7326

福岡の土地家屋調査士松尾事務所の公式サイトです。
URL http://www.matsuojimusyo.com/

-------------------------------------------------------------------
土地家屋調査士は、表示登記・境界・測量の専門職です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/563867/31593205

万葉の心を感じてみませんか?Part.57を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。