Powered by Six Apart
フォトアルバム

最近のコメント

最近のトラックバック

« 唐津に来てみんしゃらんですか? | メイン | グーグルアースで太宰府を散策してみませんか?Part.1 »

2013年8月25日 (日)

万葉の心を感じてみませんか?Part.61

万葉の心を感じてみませんか?

歴史と文化の街太宰府から

太宰府展示館編 

 
福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳が提供する、近郊情報第76号です。

 今回は、大宰府政庁跡の横にある太宰府展示館を特集します。
太宰府展示館は、発掘調査で確認された周囲をとりまく遺構(水路)を保存する施設です。ちょっとした展示物と事務所(古都大宰府保存協会)があることは、前に紹介しました。
 前に紹介できていない写真がありましたので、紹介いたします。

Dazaifutenjikan


 展示館には政庁周辺の地形の模型があります。
模型を見ますと、政庁を中心に水城や大野城などの防衛施設をどのように配置してきたかが一目で分かります。
 下がその写真です。

Dazifutikei


 大宰府政庁跡の模型は以前紹介しましたが、その他に下の国分寺の模型も置かれています。現在、国分寺の建物は存在していません。岡山では、備中国分寺の五重の塔が江戸時代に再建されているようです。
 国分寺跡に行き、昔このような大規模な建物があったことを想像しながら、ご覧になったらいかがでしょうか。

Kokubunji


 観世音寺も現在と違い、創建時は周囲の回廊なども整備されていたようです。
きれいな模型です。模型を作るのも大変そうです。

Kanzeonji


 政庁跡から出土された、鬼瓦のレプリカです。本物は、九州歴史資料館にあるようです。
これから、九州歴史資料館も紹介しようと思っています。

Onigawara


 木簡も出土されました。紙のない昔は、木簡に記録されていました。
木簡も、何回も削られ使われたようです。そのための小刀が割に細かったです。

Kokukan


 九州は大陸に近いので、中国から運ばれてきた陶磁器がたくさん使われていました。青磁や白磁などの器が並んでいます。

Yakimono2


 今日の一言

 高田郁著の「みおつくし料理帖」シリーズは読み終わりました。おもしろかったです。次の発刊が楽しみです。
 読み終わりましたので、GISの勉強を再開しました。地理情報システム(GIS:Geographic Information System)です。GISは地方自治体など行政機関で使用する部分が多いようですが、土地家屋調査士の業務に使える部分もたくさんありそうです。

 昨日は、自宅兼事務所をグーグルアースに表示する作業を行いました。
画面左側のリンク集に「グーグルアースで事務所を表示する」欄を設けました。クリック後、ファイルを開くを選択して下さい。動作を確認できますので、是非試して下さい。赤丸のバルーンをクリックすると、ポップアップメニューが表示されます。下の写真のように表示されます。グーグルアースは無料でダウンロードできます。

 
Matsuojimusyo


 これからも、ぜひご覧になって下さい。

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしかったら、ブログ村のボタンをクリックして下さい
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログのアーカイブですが、最初の頃の分は左上からどうぞ。
カレンダーのところでも、見ることができます。
公式サイトの更新情報には、NO.1から最新版までリンクを張っています。 

------------------------------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 092-923-0968   FAX 092-980-7326

福岡の土地家屋調査士松尾事務所の公式サイトです。
URL http://www.matsuojimusyo.com/

-------------------------------------------------------------------
土地家屋調査士は、表示登記・境界・測量の専門職です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/563867/31801991

万葉の心を感じてみませんか?Part.61を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。