« グーグルアースで太宰府を散策してみませんか?Part.2 | メイン | 万葉の心を感じてみませんか?Part.65 »

2013年9月14日 (土)

万葉の心を感じてみませんか?Part.64

万葉の心を感じてみませんか?

歴史と文化の街太宰府から

国分尼寺編 

  福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳が提供する、近郊情報第80号です。

 今回は、筑前国分尼寺跡を紹介します。 国分尼寺は奈良時代の中頃、国分寺とともに諸国に置かれました。

Nijiato

 国分寺から700mほど離れたところに、国分尼寺跡がありました。 国分小学校の登り口を、左に曲がったところにあります。 現在は田に使われていて、礎石が一つあっただけだそうです。 その礎石は、国分共同利用施設に移設されているようです。現在では、当時をしのばせるものは何もありません。残念なことです。  

Niji

 下は、太宰府市文化ふれあい館の写真です。七重の塔の模型があるところです。 私が行った時は、ちょうど展示の入れ替えの時で何もありませんでした。

Fureaikan

 太宰府市文化ふれあい館のURLです。 お出かけ前に、催しを確認して行かれて下さい。 9月現在は、「まるごと太宰府歴史展」が開催されています。

http://dazaifubunkafureaikan.or.jp/

 もうすぐ秋分の日を迎えます。秋の花といえば、萩があげられます。 万葉の頃、歌人は萩を好んでいたようで、萩を題材にした歌をたくさん残しています。

Hagi

万葉集 山上憶良(やまのうえのおくら)の歌には、その筆頭に萩の花があげられています。 有名な歌ですよね。

「秋の野に 咲きたる花を   指折り(およびをり)   かき数ふれば   七種(ななくさ)の花   萩の花 尾花葛花 撫子の花   女郎花 また藤袴   朝貌(あさがお)の花」  

お知らせ

 来週、9月21日(土)に古都の光 第1日が開催されます。 大宰府政庁跡・水城跡・観世音寺・戒壇院で、灯明が灯されます。 観世音寺・戒壇院では、ライトアップもされます。
 また、9月25日(水)は、太宰府天満宮周辺でもおこなわれます。 この日は、太宰府天満宮の「千灯明」があります。ぜひお出かけ下さい。

お詫びと訂正

 先週、背骨が曲がった魚の事をかきました。 後でよく考えてみると、その事の真偽を詳しく確かめもせず、掲載してしまいました。 ただ、風評被害を拡大させただけのように思いました。記事については、削除訂正致しました。
 気を悪くされた方もおられるのではないかと思います。 どうもすみませんでした。反省しております。       

今日の一言
 先日の台風以後涼しい日があり、そのまま秋に突入するのかなと思わさせれました。 しかし、ここ最近暑さがぶり返しました。福岡では連日、33度の高気温が続いています。 暑さ寒さも彼岸までと言いますから、来週まで続くのでしょうか。
 この頃、GISの勉強を再会しています。 グーグルアースのサイトには、初歩的ですが私の勉強成果をあげています。興味のある方はご覧下さい。

 

 

 これからも、ぜひご覧になって下さい。

日本ブログ村のランキングに参加しています。 よろしかったら、ブログ村のボタンをクリックして下さい 。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

ブログのアーカイブですが、最初の頃の分は左上からどうぞ。 カレンダーのところでも、見ることができます。 公式サイトの更新情報には、NO.1から最新版までリンクを張っています。 

------------------------------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 092-923-0968   FAX 092-980-7326

福岡の土地家屋調査士松尾事務所の公式サイトです。 URL http://www.matsuojimusyo.com/

-------------------------------------------------------------------
土地家屋調査士は、表示登記・境界・測量の専門職です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/563867/31839717

万葉の心を感じてみませんか?Part.64を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。