Powered by Six Apart
フォトアルバム

最近のコメント

最近のトラックバック

« 英彦山に来ました。 | メイン | 太宰府は大雪です。 »

2016年1月19日 (火)

赤村周辺情報です。

赤村周辺情報です。

 赤村・大任町編

 福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳が提供する、近郊情報第112号です。

 今年最初のブログです。今年もよろしくお願いいたします。1月5日登記が完了したので、田川郡に納品に行きました。 帰りに寄った「道の駅おおとう」には、巨大門松が飾ってありました。 香春町の現場作業の昼食休憩によく利用しました。1億円トイレが素晴らしいです。ぜひ行ってみて下さい。

Kimg0123

 門松には願い事も飾ってありました。

Kimg0128

 現場から道の駅に行くときに通っていた、赤村にある平成筑豊電鉄内田駅そばの「レンガ橋梁」です。 初めて通った時は、狭くて通れるかちょっと心配でした。

P1410001

 次は上流側から見た「内田三連橋梁」です。通称:みつあんきょと呼ばれるそうです。

P1410005

 次に下流側から見た「内田三連橋梁」です。

P1410007

 解説板をみて、造り方が違うことがわかりました。上流側(北側)は石造り、下流側(南側)レンガ造りになっています。 これは複線化を見すえ、レンガ造りをデコボコさせ拡幅工事がしやすいようにされていました。 最初の写真の内田駅そばの「レンガ橋梁」も向こう側はデコボコに造られています。

P1410006

 ここは近代化産業遺産に指定されています。

P1410015

 ちょうど上の線路を列車が通過しました。列車の本数は思ったより多く、結構よく通ります。

P1410012

 筑豊は鉄道網がかなり整備されています。 筑豊地区のあちこちで掘り出した石炭の輸送するために、鉄道が細かく整備されたようです。 明治の近代化を支えた筑豊地区の石炭です。現在はそれらの鉱山の技術をいかし、セメント産業が盛んです。

   今日の日記

 この冬はゆっくりしています。思ったより長丁場になってしまった土地の表題登記等で結構つかれました。 この機にノーベル賞を受賞された梶田先生のニュートリノのことなどを知りたいと思い、ニュートリノの初歩的な解説書を3冊読みました。 それを読んだら、どのようにして物質や生命が誕生したのか?宇宙はどのように始まったのか?などの疑問がわいてきました。 さらに図書館からそれらに関連する本を借りてきて読んでいます。平易な文で書かれてはいるのですが、難しくてそろそろギブアップしそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-------------------------------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 092-923-0968   FAX 092-980-7326

当事務所のホームページです。業務についての詳細はこちらからどうぞ。
URL http://www.matsuojimusyo.com/
------------------------------------------------------------------

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/563867/33717131

赤村周辺情報です。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。