« 伊勢・熊野・南紀の旅 その3 | メイン | 伊勢・熊野・南紀の旅 その5 »

2016年11月20日 (日)

伊勢・熊野・南紀の旅 その4

伊勢・熊野・南紀の旅 その4

 高野山編

 福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳がお伝えする、情報第127号です。

 10月19日~25日にかけて伊勢と和歌山・南紀方面を旅しました。 今日は20日の3番目の目的地、高野山を紹介します。 山深く谷も深い国道とは名ばかりの狭いクネクネ道を通り、ようやく高野山に着きました。 高野山の入口、大門です。 

P1410665

 大きな門です。仁王像も迫力があります。阿形(あぎょう)像のようです。

P1410670

 左側の吽形(うんぎょう)像のようです。

P1410671

 壇上伽藍の中門です。大門よりかなり小さいです。

P1410675

 ここの仁王像は違うタイプです。

P1410677

 冠が金ぴかです。

P1410678

 金堂です。

P1410679

 左手にお堂があり、台座部分を回しておられました。意味もわからず、私も回しました。

P1410681

 根本大塔です。きれいです。空の青さに映えています。中も参拝しました。

P1410684

 金剛峯寺に行く途中にも、塔やお堂がありました。

P1410689

 金剛峯寺に着きました。高野山の中心です。

P1410694

  

 旅日記

 有田川に沿って国道480号線をさらに上っていきました。 だんだん道も狭く山深くなってきました。谷も深い道です。 国道371号線にはいると、崖がすごくて落石がいたるところにありました。 ここは雨の日に来たら大変なことになりそうな予感がしました。カーブも続きます。 バイクで来ていたら、ここで倒れて旅を続けることができなかったようです。 自動車でも相当苦労して、ようやく高野山に着きました。恥ずかしい話ですが、昼食した食堂で智弁和歌山等の写真を見るまでは、高野山は奈良県だと思っていました。失礼致しました。

 今日の日記

 この四週間は土・日無しで、仕事に追いまくられています。今日は日曜日なので、仕事はせずにノンビリしようと思っていました。 しかし、ゴロゴロしていたらちょっと行き詰まっている現場の図面とか頭に浮かんで気が休まりません。 昭和40年頃の開発で、地積測量図が法務局にないのです。 しかたないので、起きてパソコンに向かい検討をしました。しかし、まとまりません。 そこで、開発をした業者様に測量図を依頼しました。図面が入手できれば、乗り越えられそうな気がしますが・・・。 渡してくれるでしょうか?期待して待つしかないようです。

-------------------------------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 080-1702-7524   FAX 092-980-7326
当事務所のホームページです。業務についての詳細はこちらからどうぞ。
URL http://www.matsuojimusyo.com/
------------------------------------------------------------------