Powered by Six Apart
フォトアルバム

最近のコメント

最近のトラックバック

« 伊勢・熊野・南紀の旅 その7 | メイン | 伊勢・熊野・南紀の旅 その9 »

2016年12月25日 (日)

伊勢・熊野・南紀の旅 その8

伊勢・熊野・南紀の旅 その8

 熊野本宮大社大斎原編

 福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳がお伝えする、情報第131号です。

 10月19日~25日にかけて伊勢と和歌山・南紀方面を旅しました。

 20日は川湯温泉に宿泊しました。朝の散歩です。

P1410768_3

 川の水は清く澄んでいます。暗いうちから漁をしている人がいました。 ここでは、川原を掘るとお湯が湧いています。プクプクとお湯が出ていました。 先ほどまで、若い女性の二人連れが水着を着て入っていました。

P1410780

 今日21日の最初の目的地、熊野本宮大社の大斎原(おおゆのはら)を紹介します。 明治22年大斎原にあった熊野本宮大社は大洪水にあったそうです。 そこで、明治24年に現在の所に御遷座されたそうです。 ここが大斎原です。川原から撮りました。 

P1410783

 川原から回り込み、大鳥居を写しました。そばまで行かなくても大きな鳥居なので、大きく写りました。

P1410785

 中に入っていくと、厳粛な空気がただよいます。

P1410787

 ここに本殿があったようです。

P1410789

 一遍上人の碑もありました。

P1410792

 駐車場に熊野本宮館というきれいな施設がありました。木造の立派な建物です。

P1410794

 昔の宗教観を表現している絵が、何枚か下げてありました。

P1410796

 大斎原でのお参りのようすがわかります。

P1410797

 大斎原の模型です。

P1410799

 熊野本宮大社です。昨日は暗くなっていたので、もう一回お参りしました。

P1410838

 2礼2拍手1礼の作法でお参りされています。仏教様式の手を合わせるだけでも良いそうです。

P1410840

    

旅日記

 朝の旅館の方と話をして、大社が移ったことを教えてもらいました。 神仏習合の熊野本宮大社が現在では、神社として存在していることの疑問を伝えたら、 「お寺です。熊野三山詣りといいます。」と答えてくれました。なるほど、と思いました。 廃仏毀釈の頃のことをもっと知りたいなと思っています。 熊野本宮館ではたくさんの写真を撮ったので、後ほど番外編で紹介しようと思います。

 今日の日記

 旅行後とても忙しかったです。仕事に逃げて欲しいと思っても、片づけないと逃げてはくれなかったです。 二つ一緒にはできないので、一つ一つ片づけました。ようやく一段落して、重荷から解放されました。 明日は1年ぶりの釣りに行こうかと予定を立てていましたが、天気が良くないので中止です。 残念・・・。

-------------------------------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 080-1702-7524 FAX 092-980-7326
当事務所のホームページです。業務についての詳細はこちらからどうぞ。
URL http://www.matsuojimusyo.com/
------------------------------------------------------------------