« 伊勢・熊野・南紀の旅 その13 | メイン | 伊勢・熊野・南紀の旅 その15 »

2017年1月14日 (土)

伊勢・熊野・南紀の旅 その14

伊勢・熊野・南紀の旅 その14

 伊勢半島編

 福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳がお伝えする、情報第137号です。

 10月19日~25日にかけて伊勢と和歌山・南紀方面を旅しました。

 10月23日朝、同窓会があった伊勢市内のホテルです。
 昨夜の同窓会の後、カラオケに行ったのですが満室で2時間待ちということだったので、結局お開きとなりました。 しかたないので、部屋でポン友と飲みました。朝起きたときは、少しお酒が残っているような感じでした。 仲間たちとゆっくり朝食をとりました。 朝食後チェックアウトしても、ホテルのロビーでコーヒーを飲みながら雑談し、ゆっくりと時を過ごしました。 私は今日の目的地大王崎に行くと言ったら、伊勢の仲間からは「はきり」に行くんか?と言われました。 大王崎の事を「はきり」と地元では言うんだと思いました。
 又会おうなと言いながら、三々五々学友たちが帰り始めました。 伊勢市内の隠れた名所を見学に行く仲間たちを見送って、10時半頃出発しました。
着きました、大王崎灯台です。

P1420037

 灯台に上りました。目の前の磯で魚釣りをしています。釣りになかなか行けないなあ・・・。

 

P1420038

 熊野灘方面です。

P1420039

 遠州灘方面です。

P1420042

 伊勢半島は平たいです。

P1420040

 灯台のフレネルレンズのしくみが、かいてあります。なるほど、工夫されています。

P1420044

 灘がつく海域は難所が多いそうです。夜点灯して、海難事故を防いでくれてます。

P1420046

 大王崎灯台からともやま公園に行きました。目の前が英虞湾です。

P1420047

 やはり平たいです。

P1420048

 ともやま公園から横山展望台に行きました。

P1420050

 こちらは、少し高い視線で英虞湾が見渡せます。

P1420052

 横山展望台は、リアス式海岸を一望できる絶景スポットとされています。

P1420053

次の目的地は、鬼ヶ城です。

   旅日記

 「はきり」は行ってわかりました、地名の波切でした。横山展望台からは、計画では260号線で海岸に沿って行くつもりでした。 でも、わからない土地なのでナビが案内するとおりに行ったら、伊勢まで戻って有料道路を走らせられました。 相当、遠回りでした。途中、道の駅伊勢で「伊勢うどん」をいただきました。素朴なうどんでした。

 吉野からの旅は、GPSログに記録されています。私のグーグルアースサイトで見ることができますので、ご覧下さい。 http://www1.bbiq.jp/matsuojimusyo/sonotanotabi.html

 今日の日記

 朝のニュースでは、日本海側・東北地方の大雪を伝えていました。太宰府も寒くて時折雪が舞ってます。 積もりはしないでしょうが、寒いです。センター試験の時期はいつも寒く、受験生は大変そうです。
 昨日は、太宰府市商工会の新春の集いがありました。鏡開きの樽酒がおいしいので、欠かさず参加しています。 名刺交換会と銘打ってあるのですが、積極的には名刺交換には回らず、主に樽酒と仲良くしてました。

-------------------------------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 080-1702-7524 FAX 092-980-7326
当事務所のホームページです。業務についての詳細はこちらからどうぞ。
URL http://www.matsuojimusyo.com/
------------------------------------------------------------------