Powered by Six Apart
フォトアルバム

最近のコメント

最近のトラックバック

« 伊勢・熊野・南紀の旅 その10 | メイン | 伊勢・熊野・南紀の旅 その12 »

2017年1月 9日 (月)

伊勢・熊野・南紀の旅 その11

伊勢・熊野・南紀の旅 その11

 大台ヶ原編

 福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳がお伝えする、情報第134号です。

 10月19日~25日にかけて伊勢と和歌山・南紀方面を旅しました。

 10月21日、瀞峡から次の目的地の大台ヶ原をめざしました。 途中寄り道ばかりしていたので、到着予定より1時間ほど遅れ3時半頃に着きました。 暗くなるのが早くなっている時期でしたので、暗くなる前に駐車場まで戻って来られるか心配になっていました。 ちょうど下山したばかりの若い二人連れの山ガールに、山頂までどれくらいの時間が必要か聞きました。 1時間半程度だということだったので、登ることにしました。

P1410912

 途中に「熊注意」の立て看がありました。紅葉が一番美しい時期のようです。

P1410913

 まだ下山してこられる方が結構おられるので熊は出ないだろうと思い、紅葉を期待して歩きます。 展望の良い所に出ました。

P1410915

 天気が良いときは、ここから富士山が見られるそうです。 事前に調べていましたので少しばかり期待はしていましたが、やはり富士山までは見ることはできませんでした。

P1410914

 しかし、眺めは素晴らしいです。何半島でしょうか?。

P1410917

 展望台から山頂をめざします。倒木がたくさんありました。

P1410922

 大台ヶ原の森は衰退しているそうです。

P1410908

 でも、紅葉は最盛期のようです。 

P1410926

 計画時の予想通り、ピッタリの時期に来ることができました。

P1410930

 山頂の展望台が見えました。

P1410931

 かなり遠くまで見通すことができました。

 

P1410940

 百名山だというだけのことはあります。

P1410939

 周囲の山みんな見渡すことができました。

P1410943

 下山するときは、二人くらいしか会いませんでした。 でも、来れて良かったと思いました。今日の宿泊地「ホテル杉の湯」に向かいました。

 次の目的地は吉野です。  

 旅日記

 大台ヶ原から、ホテルに向かう途中でカーナビの調子が悪くなってしまいました。 暗くなってしまい、地図も確認できません。明るい懐中電灯を持ってくるべきでした。 しかたないので計画段階での、うろ覚えの頭の地図を頼りに運転しました。 カーナビに頼っていたので、不安でした。最後はホテルに電話して確認し、無事到着しました。 おそらく、カーナビにたくさんの目的地を登録していたせいかも知れません。
 翌日、吉野の駐車場でカーナビを初期化しました。 そのため、ここまでのGPSログが消えてしまいました。旅の軌跡が消えてしまったので、残念でした。

 今日の日記

 今日は成人の日です。大学生のあの頃は楽しかったなと思います。 ところで、この日宿泊した「ホテル杉の湯」はこれまで私が宿泊した旅館やホテルの中では最高でした。 すごく心のこもった料理で、もてなしてくれました。 どれも素材を生かした料理で、お酒もいただき2食付きで1万5千ほどでした。 ここはお勧めです。大台ヶ原や吉野に行かれる時は、ぜひ利用されて下さい。 ブログでは意識的に店舗のことは書かないようにしているのですが、ここだけは特別です。 翌日、ホテルの前で記念写真を撮ってもらいました。

P1410947

-------------------------------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 080-1702-7524 FAX 092-980-7326
当事務所のホームページです。業務についての詳細はこちらからどうぞ。
URL http://www.matsuojimusyo.com/
------------------------------------------------------------------