« 伊勢・熊野・南紀の旅 その21 | メイン | 伊勢・熊野・南紀の旅 その23 »

2017年2月 2日 (木)

伊勢・熊野・南紀の旅 その22

伊勢・熊野・南紀の旅 その22

 橋杭岩編

 福岡県太宰府市の土地家屋調査士松尾勝巳がお伝えする、情報第145号です。

 10月19日~25日にかけて伊勢と和歌山・南紀方面を旅しました。

 10月24日、古座川町を後にして、昼頃、橋杭岩に着きました。

128_3

 不思議な自然の造形です。

129

 次に行く予定の紀伊大島の方に向かって、続いています。

130

 名称のとおり、橋の杭が並んでいるようです。

131

 大島方向に900mほど続いているそうです。グーグルアースで見て下さい。

132

 これくらいの角度の写真が、よく旅雑誌に掲載されています。

133

 ここもジオパークに指定されていて、橋杭岩の成り立ちについて丁寧な説明がしてあります。

134

 橋杭の立岩伝説が残されています。

135

 次の目的地は、紀伊大島に渡り海金剛を紹介します。

     旅日記

 橋杭の立岩伝説は、弘法大師と天の邪鬼が熊野地方を旅したときのこととして残されているようです。 弘法大師が天の邪鬼にだまされて、造ったとされています。
 橋杭岩の道の駅の前にうどん屋があったので、昼食にうどんを食べました。 朝夕としっかり食べていますので、あっさりとおいしかったです。

今日のコースの前半はGPSログに残っていません。記録開始の設定を忘れていました。

 吉野からの旅は、GPSログに記録されています。私のグーグルアースサイトで見ることができますので、ご覧下さい。 http://www1.bbiq.jp/matsuojimusyo/sonotanotabi.html

 今日の日記
 公園の散歩にほぼ毎日行っています。今日は天気も良く、青空が広がっていました。 紅梅がほぼ満開になりました。白梅は今からです。
 散歩から帰り、2月5日の境界立会の準備をしました。 それも終わったので、またブログを書きました。

-------------------------------------------------------------------
〒818-0137
福岡県太宰府市青葉台1-5-17
土地家屋調査士 松尾勝巳
TEL 080-1702-7524 FAX 092-980-7326
当事務所のホームページです。業務についての詳細はこちらからどうぞ。
URL http://www.matsuojimusyo.com/
------------------------------------------------------------------